丸真商店

Marushin

Top > サイトマップ > Macintosh >

DSCF0249C13
特記なきはすべて新品商品
item5

2020.7.17 最終確認

SEの修理
DSCF0047
DSCF0012まなぶRGB緑青

Jobs のサイン

SE後部カバー内側中央部にはプロジェクトメンバーのサインがあるのにSE/30にはない

ロジックボード以外に関する内容はSE/30のページを参照

PlusとSE (FDHD)を同時に社内導入してもらったのが筆者にとって両機がMacとの最初出会いでしたから、SEとのつながりはSE/30よりも先だったのですが、会社のSEも、半年後にはキャノン販売にて298,000円の費用でSE/30にアップグレードされたので、SEとしてのつきあいは結局とても短い期間でした。

SCSIやAppleTalkなどMacintosh時代のインターフェースに関してはSE/30を基本に記述することにしておりますので、SEの「ロジックボード」と「アクセラレータ」以外につきましては、「SE/30の修理」および「旧MacOSの情報」のページを参照ください。

HDDへのOSインストール

Macintosh SEは2種類

SEには大別して二つのモデルがあります。

    初期モデル:2DD(800KB)タイプのフロッピーを2台装備(HDDなし)した2FDDモデル。

    後期モデル:2HD(1.4MB)タイプのフロッピーを1台とHDDを1台したFDHDモデル。

              (「FDHD」を「Super Drive」と表記したしたモデルもありますが同じもの)

 

SEではメモリ容量の関係で漢字Talk 7.5はインストールできません。漢字7.1もしくは漢字Talk 6.0.7での運用となります。

SEは最大4MBメモリです。GomTalk7やJapanese Language Kitを使うと英語版System 7上で日本語が使えるので、すこしでも少ないメモリでという方には選択肢の一つです。

 

問題は2FDDモデル

OSのインストールについては、漢字Talk 6.0.7には2HD版2DD版の両方が存在するので、2FDDモデルでも2DD版のほうで可能です。

漢字Talk7.1/System7.0.1では、インストール用フロッピー自体が2HDのため、これもまたSE単独ではシステムインストールもできません。

アプリのフロッピーが2HDで提供されているとSE単独ではインストールできません。

 

2HDドライブに交換するには ROM交換が必要

そのまま2DD(800KB)ドライブをはずして2HD(Super Drive)に取り替えても2HDドライブ(1.4MB)として認識しません。

もちろん2DDドライブに2HDフロッピーを使っても吐き出されてしまいます。

ロジックボード上のROM (MacROM)が、2HD用に書き換えられたバージョンのものでないとシステムが2HDに対応できないからです。

    ROMの互換性

     http://tamaru.world.coocan.jp/Tips/ROM/rom.html

SEのFDHDモデルのロジックボードから、MacROM 3個(High、Low、IWM)を移植し、FDDをMP-F75W-**に交換すれば、2HDが読み書きできるようになります。(Plus の場合は、2HDフロッピーを読み書きする方法がありません)

 

2FDDモデルのままでOSインストールする解決策

(0)外付けの1.4MB Super Drive を入手する。  (ロジックボードのROMが1.4MBに対応しなければ使えません)

(1)Floppy Emu (外付けフロッピーエミュレータ)を購入する。

(2)「2HDフロッピードライブを装備した他のMac」に外付けHDDを取り付け、その外付けHDDに「Macintosh SE用システム」をカスタムインストールし

   てから、そのSE用システムフォルダを、「漢字Talk6フロッピーで起動したSE」の内蔵HDDにドラッグコピーコピーして「デスクトップ再構築」する。

 

   (この外付けHDDをつなぎかえる方法では、外付けHDDにOSインストールさえできればとりあえず運用できますが、「2HDフロッピー」に出会うた

    びに2FDDモデルのSE単独では解決できないことに変わりはありません)

SEの場合は、HDDフォーマット時にインターリーブ設定をする必要があります。 

SE、Plus 、Classic はインターリーブ設定が必要

ClassicやPlus以前の68000マシンでは、CPUやメモリとHDDとのデータのやり取りが遅く、ハードディスクの回転速度にデータ転送速度が追いつかない場合があります。そのために、連続したブロックにまとめてデータを記録せず、ブロックの間隔を少しおいて記録するようにすることで、次のブロックへ移動する時間を稼ぎ、そのあいだに転送を完了しようというのがインターリーブの機能です。

詳細はこちらのページを参照ください。

通信ソフトでWindows機から直接ファイルを受け取る方法

800KB(または400KB)を越えるインターネット上のダウンロードファイルを、Windows7、10機からパソコン通信用ソフトを使って直接受け取る事例をこちらに紹介してあります。

フロッピードライブの修理

イジェクト(取り出し)ができない場合

正常に認識し、読み書きできるのにイジェクトしようとすると「ウ〜ン、ウ〜ン」と1秒間ほど唸るだけで排出されない場合、フロッピードライブのEJECT用モーターの第一プラスチックギアが「欠け・破損」していることがあります。

「ウ〜ン」と唸らずに排出されない場合は、ギア欠けではなく排出モーター(R2DG-31)そのものの修理が必要です。

SE/30のページに修理方法をまとめてあります。(必見)

EJECT用モーターのユニットは、Plus用などの 2DDフロッピードライブ(MP-F51W*)と2HDフロッピードライブ(MP-F75W*)では取り付け寸法と電気的動作には互換性があり、そのまま取り替え交換が可能です。

  512K、Plus、SE 用 2DDフロッピー(800KB)ドライブ型番 = ソニー製 MP-F51W、MP-F51W-03,MP-F51W-23、MFD-51W-03、MFD-51W23

  SE/30、Classicシリーズ用 2HDフロッピー(1.4MB)ドライブ型番 = ソニー製 MP-F75W-01G、MP-F75W-11G、MP-F75W-12G

  Color Classicシリーズ用 2HDフロッピー(1.4MB)ドライブ型番 = ソニー製 MP-F75W-31G

2DDフロッピードライブ(MP-F51W)のEJECT用モーターユニットには、(SEやSE/30以降に採用されている)プリント基板にリン青銅の安価な板バネを取り付けただけのON-OFFスイッチではなくちゃんとした「マイクロスイッチ」が使われています(左下の写真の黄色枠)

RFloppy1
P1010738b1a
OldMac用FDD第一プラスチックギア  1個 3,800 円

SE/30用FDDのEJECTモーターユニットを装着したところ(右側がもとのPlus用EJECTモーターユニット)

読み書きができない場合

SE/30のページで紹介した方法でヘッドをクリーニングします。

 

【注意】フロッピーケーブルの長さは20センチ以下で使う

筆者は各種テストのため、標準の15センチケーブルではなく、30センチの自作ケーブルを使用していますが、フロッピーの読み書き信号はパラレル信号ですので、磁化力の低下した起動用フロッピーディスクをうまく読み込めず、吐き出してしまうことがよくあります。長い方が使いやすいのですが、長くても20センチ程度にしておくのが無難です。

↑このページの先頭へ戻る


Copyright © 2012-2021 Namio Nakajima    www.marushin-web.com

特定商取引に関する法律に基づく表示