丸真商店

Marushin

Top > 修理テクニック >

DSCF0249C13
特記なきはすべて新品商品
item5

2017.7.28 最終確認

いい道具を持つといい仕事ができる

修理に使う工具や補助材料、素材なども、かつては職人や工場で使うプロレベルのものが、いまではネットで個人が入手できるようになりました。筆者は電気技術者なので、金属加工や製造技術のことは専門外ですが、こうしたハイレベルなものを利用することで、それなりに見映えのいい、それなりに正確さと強度をもった補修・修理ができるようになりました。

「弘法 筆をえらばず」はアートの世界だけのことで、家庭用の万能包丁で調理する一流の料理人はいませんし、機械工作では1/1,000ミリの単位で仕事をしなければ1/100ミリ精度の製品にはなりません。

世に「永遠」「完全」なものはなくとも、環境や状況に応じて「適材適所」に使えばその能力を最大限に生かすことができます。当「修理テクニック」のページでは、「適所とはどの部分なのか」「何をもって適材とするのか」の結論としておすすめできるツールや材料を簡潔にご紹介します。

分解する 編 固定する 編 きれいにする 編
分解の極意 固定するの意味 洗浄:オレンジ洗剤

↑このページの先頭へ戻る


Copyright © 2012-2019 Namio Nakajima    www.marushin-web.com

特定商取引に関する法律に基づく表示

分解の極意