丸真商店

Marushin

Top > サイトマップ > Macintosh >

DSCF0249C13
特記なきはすべて新品商品
item5

2019.2.1 最終確認

ハードディスク IDE-SCSI変換 関連編

ハードディスクにも光学ドライブにも対応しているACARD社製 AEC-7720U/UW

ACARD社のSCSIDEブリッジ製品は、カタログ上では電気特性的に「ATAPI専用」と「ハードディスク専用」が明確に区別されています。

同社のAEC-7722は、光学ドライブ専用のATAPI規格製品ですが、AEC-7720UとAEC-7720UWだけは、設計が古いことが幸いなのか、ATAPI(CD、MO、ZIP)機器でもハードディスク(IDE)でも使えます。

ACARD製品に関する本サイトの記載事項につきましては、SE/30においてのみ確認した内容ですので、ほかのMac製品、Windows製品には該当しない可能性があります。

AEC-7720UW でIDEハードディスクをSCSI化
PQIPE33a

AEC-7720UW

ACARD社現行モデルのIDE対応製品のなかでは最古参のモデルです。

AEC-7720UWはUltraWide規格で、Ultra SCSI規格のAEC-7720Uに比べて転送速度が2倍、デージーチェーンも15台まで可能です。

某国のDVDの大量複製目的で使われていたためか、中古市場ではUWのほうがたまに見つかるようです。

ACARD製 AEC-7720UW

AEC-7720UはSE/30の内蔵SCSIポートの50ピンフラットケーブルがそのまま使えますが、7720UWのほうは68Pin仕様のため50-68ピン変換アダプタが必要です

当店では、本装置を使ってPowerbookG3で使っていたIDEの内蔵2GBが、以下のように「SCSIの固定ハードディスク」として認識されることを確認しました。

接続方法は、IDE2.5"内蔵2GB(44ピン)を2.5"-3.5"変換で40ピン変換してAEC-7720UWのIDE側につなぎ、SCSI側の68ピンを50-68ピン変換で50ピンに落としてからSE/30の内部SCSIポートに接続です。外付けHDD内の漢字Talkで起動して2GBドライブがマウントされました。

ToastNoRecorder1b
ToastNoRecorder1c
ToastNoRecorder1a

SCSI Probe-NTでハードディスクとして認識

フォーマッタソフトでも起動HDDと同じアイコンの表示

同ソフトで詳細情報表示。固定ディスクとして認識

同じIDEンターフェース規格のSSDのうち、CFカード-IDE-SCSI変換は本ページの次項にて、またDOM(Disk On Module)を使った場合のDOM(IDE)-SCSI変換テスト結果はこちらです。

 AEC-7720UW でSSD化実験 (CF -

コンパクトフラッシュ(CFカード)のディスクモードについて(2018.2.23 追記)

CF-IDE変換基板を使って起動ドライブにする場合は、リムーバブルモードの製品では起動しません。

CFカードのディスクモードについては、各製品のPDFデータシートに記載されています。

また、コンパクトフラッシュの規格も随時新しくなっていますので、現行のTrancend社かPQI社の製品でSSD化されることをお薦めします。

 第一段階   CFカードを選ぶ

本ページ冒頭のように、AEC-7720UWでIDEハードディスクが正常にマウントできることを確認したあと、IDEハードディスクの部分を、PismoやWallstreetの実験でも使用した2枚挿しのCF-IDE変換基板(赤色)に取り替えて、2種類の動作モードが存在するコンパクトフラッシュ(CFカード)で動作に違いがあるかを確認実験します。

    SanDisk社 Ultra 2 1GB (リムーバブルモード)

    PQI社 Hi-Speed100 2GB (固定ディスク True IDEモード

P1010883SE30CF3jpg
SanDisk製(リムーバブルモード)の場合 PQI製(固定ディスクモード)の場合
ToastNoRecorder1a1 ToastNoRecorder1a1a

1.SCSI Probe-NTでほとんど認識不能状態。

1.SCSI Probe-NTでハードディスクとして認識。

ToastNoRecorder1a1b ToastNoRecorder1a1a1

2.フォーマッタソフトでもデバイスの種類が認識できない。

2.フォーマッタソフトでもハードディスクとして認識。

ToastNoRecorder1a1c ToastNoRecorder1a1a2

3.上の2の状態で再スキャンするとID番号だけは認識されている。

3.初期化可能な固定ハードディスクとして認識。

リムーバブルモードの製品では起動やマウントに課題がありそうなため、ここで断念(リムーバブルでもできる方法があるのかもしれませんが)

固定ディスクモードなら問題なさそうです。

リムーバブルモードのSDカードやUSBメモリなどを固定ディスクモードに変更することを「flip the removable bit」というそうで、変更ツールや作業方法がネット上にあります。

  → こちらのページも参照

第二段階へ

 第二段階   CFカード(固定ディスクモード)をフォーマットしてMacボリュームにする
ToastNoRecorder1a1c1 ToastNoRecorder1a1a2a

手順1. 外付けHDDで起動し、フォーマッタB's Crew2.1の初期化の設定画面でデフォルトのまま「実行」。

手順2. このあと「イニシャライズ中にエラー」が連発したため、ここでB's Crew2.1の使用を断念。

ToastNoRecorder1a1c1a ToastNoRecorder1a1a2a1

手順3. 気をとり直してフォーマッタをフリーのLido7.5.6に変更。直後のスキャン結果です。2GBのCFなので1983MBで認識。

手順4. Partition メニューから「50%をMacボリュームとする」を指定して無事マウント。

ToastNoRecorder1a1c1a2 ToastNoRecorder1a1c1a1

第三段階へ

手順5. CFカードマウント直後にB's Crewでドライブ情報に変化がないことを再度確認。

手順6. 起動ドライブの外付けSCSI-HDDのシステムフォルダをMac Volumeにドラッグコピー。

パーティション初期化の際に、ウェアレベリングなども考慮して全領域を使わずに「50%領域指定」したので、ボリュームサイズは1GB。

 第三段階   CFカードから漢字Talk7.5.3を起動させる
ToastNoRecorder1a1c1a2a
P1010733 P1010888CF402jpg

HDD(RX540)からコピーした漢字Talk7.5.3システムフォルダでCF単独起動してみました。

   INITの読み込み途中で停止して起動できない

機能拡張ナシなら起動できるし、英語版System6.0.4でも起動できるのに漢字Talk7.5.3ノーマルでは起動できません。???

   漢字Talk7.5.3で起動できず、変換基板を替えてみる

頭を冷やして、CF-IDE変換カードを、2枚挿し44ピンタイプ(赤色)から1枚挿し40ピンタイプ(緑色)に変更してみると、すんなりCFカード(Mac Volume)から単独起動できました。

変換基板との相性やピン数の問題ではなく、単純にSCSIのコントローラ部分がが、Master/Slebeの2台制御を基本とするIDEに対応せず、SCSIはIDE(Master)と1:1対応ということでした。(当たり前といえば当たり前ですね)

ついにCFカード単独で起動に成功。

P1010893SE30CF6jpg
ToastNoRecorder1a1a2a1b
DOM(Disk On Module)を使ったIDE-SCSI変換

2014年の「Macintosh Floppy Emu」の登場により、SCSIポートを使わないHDD環境ができたことはよろこばしいことですが、これがいつまでも市場供給されるとは限りません。可能な限りのSCSIへの代替手段を調べておきましょう。

IDEをSCSIに変換するデバイス(ACARD社SCSIDEブリッジや中古SCSI-HDD内の変換基板)が当面は入手でき、産業用制御機器内に使われているIDE互換のDOM(Disk On Module)もしばらくは生産が続くことから、やろうと思えば、新品ACARD社SCSIDEブリッジ+ 新品DOM といった「新品のSCSI環境」も可能です。

本ページでは外付けSCSIケース(IDE変換タイプ)を利用して、ちゃんとしたSSD化の方向性をめざします。

 

筆者は、CF-SCSI変換やSD-SCSI変換基板などのメディア変換基板の商品については、コントローラの部分でちゃんとウェアレベリング(Wear leveling)をしているのか、各製品の紹介部分において記述がないので信用しておりません。

CF、SD自体はウェアレベリングがない基本的なNANDフラッシュメモリ機能だけですから、書き込みの平均化はコントローラの仕事です。よってACARD社SCSIDEブリッジを使う手法もふくめて、すべて「擬似的にSSDらしく見せているだけ」と判断しております。

別の言い方をすれば「ウェアレベリングのないものはSSDの名に値せずその価値がない」です。DOM(Disk On Module)はSSDのひとつですので、データの保持期間や書き換え寿命などNANDフラッシュ製品固有の性質がありますが、コンパクトでHDDマウンタなども考える必要がなく取り扱いが簡単です。入手についてはこちらを参照。

外付けSCSIハードディスクの中身をDOMに置き換える
P1010734a1a P1010734a1 P1010734a1b

KingSpec製 4GBB KDM-40VS.004GSS

PQI製128MB DJ0128M22RF0

DJ0128M22RF0 の裏側の5V電源端子

コネクタは1.5mmピッチJST製ZHシリーズ

KingSpec用は2.0mmピッチJST製PHRシリーズ)

 128MBと4GBの2種類のDOMのフォーマット結果 (4GBは後日掲載)

結果は、変換基板、フォーマッタ、DOMの相性しだい

このテストでは、IDEハードディスク搭載タイプの外付けSCSIハードディスク装置からHDDをはずしてかわりにDOMを装着します。

当然、内部のIDE-SCSI変換部分は、100%完全にSCSI動作するわけではありませんし、フォーマッタソフトのほうも本来がSCSI規格用に作られていますがSCSI規格自体も改訂をくり返していますので、本テストで使用したバージョンがどのSCSI規格に対応しているのかよくわかりません。またDOMのほうも固定ディスクモード(True IDE)とはいいながら、あくまでもNANDフラッシュ製品でありIDEハードディスクとは別物ですから、本テストの結果については、変換基板、フォーマッタ、DOMの相性による部分が多分に反映されているとお考えください。

 

なお各外付けHDDの仕様上のOS対応は

   DSC-U8.4GTR   漢字Talk7.5以降

   DSC-U30GTV/USP   漢字Talk7.5.3以降

   LHD-E40SU   漢字Talk7.5.3以降  

となっています。

DOM名

外付けHDD機種名

起動OS

Formatter

結果・容量

備考

PQI 128MB DJ0128M22RF0

Buffalo DSC-U8.4GTR

漢字Talk7.1

Lido7.56

△ 64MB

B'sCrew2.1

×

バスエラー

漢字Talk7.5.5

Lido7.56

△ 64MB

B'sCrew2.1

×

バスエラー

Buffalo DSC-U30GTV/USP

漢字Talk7.1

Lido7.56

×

SCSIスキャンでさがしにいったまま

B'sCrew2.1

×

SCSIスキャンで認識されない

漢字Talk7.5.3

Lido7.56

◎ 128MB

B'sCrew2.1

×

バスエラー

Logitec LHD-E40SU

漢字Talk7.1

Lido7.56

◎ 128MB

B'sCrew2.1

×

バスエラー

漢字Talk7.5.5

Lido7.56

◎ 128MB

B'sCrew2.1

×

コ・プロセッサが見つからないエラー

ToastNoRecorder1b1a
ToastNoRecorder1b1
ToastNoRecorder1a2

Buffalo製 DSC-U30GTV/USPのIDEハードディスクをはずして代わりにDOMを装着

通常のIDE3.5"HDDの40ピン・メスと4ピン電源コネクタ

40ピン基板側は基板直付け(Logitec製も同じ)

後方の基板SCSI 50"ピンコネクタは着脱可(Logitec製は2段ハーフ50ピンコネクタが基板に直付け)

DOM装着専用の両端がIDE3.5"HDDの40ピン・ヘッダーコネクタの自作ケーブル(高価なイジェクトレバーつきでなくてもDOMは簡単に着脱可能)

中継用IDC(圧接)リボンケーブル用ヘッダー

  上:ヒロセ電機 HIF3BA-40PD-2.54R-MC

  下:Wurth Elektronik社 61204025821

    (RSオンライン品番823-6654)

↑このページの先頭へ戻る


Copyright © 2012-2021 Namio Nakajima    www.marushin-web.com

特定商取引に関する法律に基づく表示