丸真商店

Marushin

Top > サイトマップ > VAIO >

DSCF0249C13
特記なきはすべて新品商品
item5

2017.7.28 最終確認

FSシリーズ マザーボード修理サービス

FSシリーズの修理実績 40台以上

FS71B1

代表的な症状

● 電源投入してもまったく無反応

● スピーカーから音が出ない

● ヘッドフォンから音が出ない

● ステレオ音声が中抜けする

FS マザーボード修理  14,800 円
item7c

■ チップ部品ベースでのハンダづけ作業によるマザーボード修理サービスを提供いたします。

■ 修理箇所については3年間無償にて再修理します。

■ マザーボード上の部品をハンダづけ交換した形跡がある機体につきましても可能な限り対応いたします。

■ 修理代金は修理に必要とされるすべての交換部品の代金と作業料金がふくまれます。症状によって交換部品数が複数になっても金額は同じです。

■ 交換修理した部品は返却いたしません。 

対象機種 VGN-FSシリーズのみ

    VGN-FS 20/21/21B/22B/22VB/23B/30B/31B/32B/33B/43/50B/51B/52B/53B/70B/71B

    VGN-FS 90S/90PS/91S/91PS/92S/92PS

以下の症状のマザーボードは修理できません

[1]電源は入るが「VAIO」ロゴが出ず画面が真っ暗で液晶下部の3つのランプが点灯のままのマザーボード

      (オークションで一般に「通電するが起動しない」と記載されるジャンク)

[2]水没またはコーヒーやジュースなどをこぼして電源が落ちたマザーボード

[3]バッテリ起動はできるがACアダプタで起動できないマザーボード(変則修理は可能です)

[4]ACアダプタ起動はできるがバッテリで起動できないマザーボード

[5]電源投入後、緑の電源ランプがすぐに赤い表示にかわるマザーボード

[6]スピーカからの音が割れるマザーボード

VGN-FS23B にWindows7をインストール
Celeron-MはシングルコアCPUなのでインストールできるのは32bit 版のみ

Xpマシンはおおまかにメモリの世代に合わせて以下の3つの世代に分かれます。

  SDRAM(PC100・133)/DDR(PC2100・2700・3200)/DDR2(PC4200・5300・6400)

それぞれ最大メモリサイズは512MB/1GB/2GBです。

Vista、7、8いずれも32bit版なら1GBでなんとか動きますが、やはり余裕のある2GBタイプのFS22/FS23シリーズで、できればCPUも1.7〜1.8GHz台Pentium Mに換えられるとベストです。

今回はノーマルなCeleron-M 1.5GHz /2GBメモリでWindows7 Home Premium (32bit)をインストールしました。

インストール直後の更新プログラム未インストール状態です。

P1010738c2a2a2

グラフィックコントローラ、メモリスティック、Felicaが当たっていないようですが、1280×800ドット表示ができているので支障なしといえます。

↑このページの先頭へ戻る


Copyright © 2012-2021 Namio Nakajima    www.marushin-web.com

特定商取引に関する法律に基づく表示